SurfaceでOneNoteアプリとOneNote2013を試してみる

Surfaceの場合、OneNote2013RTとOneNoteアプリが無料で使用できるので試してみました。

File7File8File9
こんな感じで普通にOneNoteですね。送る機能も使えますが、Surfaceではあまり使わないかな?

アプリ版のOneNoteで作成したノートも勿論見る事ができます。
File23

OneNoteアプリでは写真の挿入や手書き入力、タスク、箇条書きなどが簡単に挿入できます。
File1File2

事前にカメラの権限を設定すると撮影したものをそのままOneNoteに貼り付けられます。
File1File11
OCR(光学式文字認識)機能を組み合わせれば、写真内のテキストを読み取ってコピー&ペーストしたり、撮影したテキストを検索することも可能ですが、
File24……まあ、こんな結果なので気休め程度に考えておいた方がいいのかも。

通常版もアプリ版も、データは直接SkyDriveのものを参照しており、直接書きかえれますし、一応Surface内にもバックアップがあるようですので通信環境が無くても使用できます。
Surface内にローカルデータとして持たせる(保存する)ことも可能ですが、それだと少し利点がないかな・・・。

 

OCRはともかく、持ち歩きやすいSurfaceとOneNoteアプリの組み合わせはメモや予定表、仕事に使いやすいです。

今まで「OneNoteのコンセプトは分かるけど……実際役には立たないね」って考えてましたが、この組み合わせで初めて意味がある&便利と思えるようになりました。

これが無料で使えるのはありがたいですねー!