Surfaceでポケモンキーボードを使う&漢字キーや記号を入力できるようにする設定

まあ、Surfaceでキーボードを使うのは当然Type CoverやTouch Coverを使うんでしょうけど(格好良いですもんねー) P1100267
そんな予算は無いので&以前Android用(Lenovo A1 tablet)に購入していた任天堂DS用ポケモンタイピング用Bluetoothキーボードがもったいないので再利用することにしました。

まあ、今はbluetoothキーボードも安価で種類多いですけど、購入当時は2000円以下で買える激安&単4でコンパクトなものってまだ無かったんですよね。
しかもさすが任天堂。子供が使うの前提なので多少の手荒い扱いにも耐えるし軽量。スタンド付き&デザインがシンプルで入力しやすいキーボードなのも魅力でした。

 

 

さて、ペアリング方法ですが、まずはSurface側。
右をスワイプして、「PCとデバイス」から「Bluetooth」をクリックします。
scr_RT1 (26)scr_RT1 (27)

「PCでbluetoothの検出をしています……」と出ていますので、ポケモンキーボード側でFnキーを押しながら電源を投入します。
認識されると画面が変わり、このように表示された場合は「キーボード」をクリックして「ベアリング」を押します。
scr_RT1 (31)scr_RT1 (32)

このようにキーが表示されたら、そのとおりに数字を入力(表示はされません)してエンターキーを押すと自動的に設定されます。
scr_RT1 (28)scr_RT1 (29)

※入力を間違ったり、時間がかかるとこのようにやり直しさせられます
scr_RT1 (34)scr_RT1 (33)

 

 

これで文字が入力できるようになりましたが、実はこのままでは英語キーボードと認識されたままです。
漢字キー(全角/半角キー)が効かずIMEの切り替えができませんし、記号もキーの表示どおりに入力できず、とても不便です。

そこで、このように設定してみます。

 

 

デスクトップに移動し(タイルに無ければ下のアプリ一覧から移動できます)、コントロールパネルを開きます。
RT_scr2 (19)RT_scr2 (21)
(右をスワイプするか、8.1の場合はWindowsボタン長押しでもok)

「ハードウェアとサウンド」→「デバイスマネージャー」を開きます。
RT_scr2 (22)RT_scr2 (23)

「キーボード」→「HID キーボードデバイス」が二つありますので、上側を長押しして「プロパティ」をクリック。
RT_scr2 (24)RT_scr2 (25)
※このように一つしかない場合はキーボードの接続が切れていますので、ポケモンキーボードの電源スイッチや電池を確認してみてください。
スクリーンショット (35)

プロパティの「ドライバーの更新」をクリックし、「コンピュータを参照してドライバー ソフトウェアを検索します」を選びます。
RT_scr2 (26)RT_scr2 (27)

「コンピューター上のデバイス ドライバーの一覧から選択します」を選び、次へをクリック。「互換性のあるハードウェアを表示」の左にチェックマークが入ってますので、押してチェックを外します。
RT_scr2 (28)RT_scr2 (29)

一覧の表示が増えますので、Microsoftから「Microsoft Bluetooth Mobile Keybord 6000(106/109)」を選択します。
RT_scr2 (30)RT_scr2 (31)

そうすると「ドライバーの更新警告」と表示されますが、もちろん「はい(Y)」をクリックすると設定が完了します。
RT_scr2 (33)RT_scr2 (32)

これで全角半角キーも記号も表示の通りに使用できますね。
Surfaceの横幅と丁度ぴったりなので、blackだと余計に専用品みたい。