HP ML110 G5 の爆音ファンを交換する(ケースFAN/CPUFAN)

以前1万円以下で購入できたHP の激安サーバ、ProLiant ML110 G5 ですが、 さすがに起動中の冷却ファンの音が激しくて。

このままデスクトップとして使用するにはあんまりなので、まずは基本的な解決策をやってみました。

 

一つはBIOSのアップデート。これで常に爆音ではならなくなるとのこと。
参考:あるSEの日常 様 「ML110 G5 CPU交換後のファン暴走 解決方法」

 

P1070602

もう一つはケースファンのPWMコントロールを無効にするため配線を外して、回転数を一定にすること。

保証の関係で加工するのもアレなので、 ケースFANのコネクタからコントロール配線線のピンのみ抜いて、絶縁のためにセロテープ加工。
金属のロック部分をマイナスの精密ドライバーを使用してこねこねすれば上手く抜けますので大丈夫です。
戻す時は差し込むだけでok。

 

しかし、この二つでも全く実用に堪えません。

一台は職場で使いたいのですが、DellやNECのサーバもあるのに桁違いの爆音で。
全然うるさすぎで話も聞こえやしない。。。

 

 

そこでFANそのものを回転数の低い静音FANに取り替えることに。

しかし、注意すべき点が有ります。
HPのこのシリーズは、ファンの回転数を細かく管理していて、一定以上の回転数がないと、起動しない(正しくは起動中に突然電源を落とされるんですが...(驚))というオチ。

※これについては パソコン・FXなどに関する日記 様 「『ML110-G5』のケースファンを交換してみた」 の試行錯誤が参考になります。

今回は、多くの先達のご意見を参考に。。。

・雨ときどき晴れ 様 「HP ProLiant ML110 G5 のケースファンを交換してみた。」
・俺様のブログ 様 「HP ML110 G5 その後」
・パソコン・FXなどに関する日記 様 「『ML110-G5』で『UCTB9』(=ENERMAX製ケースファン)を試してみた」

ケースファンはこちらアイネックス OMEGA TYPHOON 92mm 超静音タイプ CFZ-90S
CPUファンにはこちらENERMAX PCケースファン TBサイレンス 9cm UCTB9 を試してみました。

ってここであえて出て来ていない「AINEX CFZ-90S」を選択する所が、人まねでは終わらないぽこぽこらしいところ(と自分で言ってみるw)

 

P1070600

さて、内容ですが。

今回はCPUクーラーの部分も外すので、シリコングリスも買いました。
あと、先達の皆様の大部分はファンの端子を加工(要するにカッターなどで切っちゃってる)するのですが、さすがにそれは、ということで別途加工用にFANの延長ケーブルを購入。
こっちを加工すればファンのコネクタは元のままだしね。

FANは上の画像でも使いましたがAmazonが一番安いし送料もかからないしで買ってみました。

ただし、なぜか今回はアマゾンにしてはめずらしく発送が遅くて、到着まで1週間以上待つ羽目に。。。

……有料会員を迫られている(苦笑)

まあ、なんだかんだ無事到着。それ以外はヨドバシにて。

 

P1070599 P1070603 P1070604

元々の状況とそれぞれのFANコネクタ位置はこちら。

P1070605 P1070606

純正のFANは、ケース用ファンが台湾AVCのDS09225B12U 、CPUクーラー内のFANが同じくAVCのDS09225T12HP079 ですね。

P1070607 P1070608

あ、AINEXの方の写真撮り忘れてた(笑) ふつーに羽が頑丈そうで、丸っこい感じといい表面の凹凸といい、丸でゴルフボールみたい。
ENERMAXのはキラキラしてて、羽のデザインも格好良いです。がペラペラ透け具合がとんぼやかげろうっぽい印象です。
交換後はこんな感じ。

 

で、無難にかつ静かに起動するようになりました。しかも、まるで動いていないかのように静かすぎて……

一瞬壊れたかと思いましたが(笑)

 

 

<その後>

これは10月頃にやったのですが、12月頃寒さが厳しくなってきてから、うちの環境では起動時に落ちるようになりました。
(今年は12月中旬くらいまで例年になく暖かかったです ←メモ)

原因はCPUファンに使ったUCTB9が回転数が足りないのか何なのか、先に書いた起動時のチェックに引っかかって強制的に落とされるパターンでした。
ですので、結局CPUファンは純正に戻しました。うちの個体差or環境差かもしれませんが参考までに。

あ、それでも他のDELLサーバやNECサーバよりかなり静かですよ!